即日キャッシング大作戦! > 条件から業者を選ぶ! > 収入証明書不要なキャッシングはココ!

収入証明書不要なキャッシングはココ!

収入証明書不要なキャッシングはココ!

収入証明の必要の有無ですが、
基本的に50万円以下の借入をする場合であれば、
収入証明は必要ありません。

しかしキャッシング業者の中には、
50万円以上の借入であっても収入証明が不要なところもあるんです!


そもそも収入証明って?

説明するまでもないかもしれません(汗)が、
収入証明とはその名の通り、ご自身の収入を証明するためのものです。
一般的には「収入証明書」ともいいますよね。

一般的に、収入を証明できるもの(書類)は下記のものが該当します。

  • 源泉徴収票(写し)
  • 課税証明書(写し)
  • 直近2ヶ月の給料明細(写し)
  • 確定申告書【個人事業主の場合】(写し)

念のため、これらのものがどういったものなのか説明しておきますね♪

源泉徴収票

会社勤めの方であればお馴染みのものですよね。

この源泉徴収票は所得確認ができる他、
職場への在籍を確認することができるものでもあります。

キャッシングの審査でほとんど場合、この源泉徴収票が有効です。
年度末に会社から渡されるものですから、大切に保管しておくようにしましょう!

課税証明書

課税証明書といえば、住民税額を証明するものが挙げられます。

住民税は、昨年1月1日から12月31日までの、
所得に対して決定するものなので、所得金額も記載されているため、
収入証明書として利用できます(これが公的な収入証明書です)。

直近2~3ヶ月分の給料明細

勤務先の会社から毎月渡される給与の明細票ですよね。

給与明細の場合は、「企業名」「氏名」「年月」が記載されており、
証明書としての有効期限は直近3ヶ月以内のものが最低2ヶ月分必要です。

もし賞与明細書がある場合は、賞与明細書を提出することで、
年収額としてカウントしてくれます。

確定申告書

個人事業主、法人、もしくは副業をされている方が、
確定申告時期に確定申告する際、作成する書類のことを指します。

この確定申告書(写し)の提出をキャッシングの審査で求められるのは、
主に個人事業主の方の場合でしょう。

基本的に50万円以下の借入に関しては、
収入証明書の提出は不要です。

ただし、現在他のキャッシング業者からも借り入れしていて、
その残高が100万円を超える場合、収入証明書の提出が求められる時があります
もし該当する人は収入証明書を用意しておきたいところです。

50万円以上の借り入れでも収入証明書が不要のキャッシング業者はココ!

50万円以上の借り入れをする時に、
収入証明書の提出がいらないところ、それは、、

銀行からのキャッシングのみとなります!

銀行のキャッシング以外、
例えば、アイフルなどの消費者金融系のキャッシング業者や、
プロミスアコムなどの銀行系キャッシング業者の場合は、
収入証明書が必要となってくるんですよね、、(汗)

逆にいえば、ご自身の借り入れ総額が50万円以下の場合なら、
どこでもOKということになるんですけど(笑)

とにかく!

50万円以上の借入をしたいのであれば、
銀行キャッシングを利用すればよいということわけです♪

これは既に複数のキャッシング業者から借り入れがある人で、
収入証明書をだしたくない人にとっては朗報だと思います()。

基本は不要ですが、借入審査の結果で必要となる場合もあります

それでは、収入証明書不要な、
銀行キャッシングを紹介していこうと思います!

まずは一覧表をご覧ください。

200万円以下の借入で収入証明書が不要な銀行キャッシング一覧!

銀行名 実質年率 融資時間
目安
専業主婦 パート・アルバイト
最低 最高 借入 限度額 借入 限度額
ジャパンネット銀行 ネットキャッシング 2.5% 18.0% 最短60分
※1

※2
要審査 審査次第
大和ネクスト銀行 フリーローン 4.0% 9.0% 最短60分
※3
× - 審査次第

※1 当該銀行口座を持っている場合のみ即日融資可能
※2 配偶者に安定した収入が必要
※3 「大和ネクスト銀行」の口座開設が必要(借り入れまで最短即日~3営業日)

以上の銀行であれば、
所得証明書不要で最高200万円までのキャッシングが可能です。

※このページで掲載のキャッシング業者は、
基本的には所得証明の提出が不要とはいわれていますが、場合によっては、、
所得証明の提出が必要となる場合があります。ご了承くださいませ(汗)