即日キャッシング大作戦! > 即日キャッシング豆知識 > 未成年ってキャッシングできるの?

未成年ってキャッシングできるの?

未成年ってキャッシングできるの?

未成年の人でもキャッシングが必要な場合ってありますよね。

ここでは未成年のキャッシングについて、
色々調べ、まとめてみました!

就職していればキャッシングはできる!?

キャッシングをする上で一番重要なことが、
支払い能力がある=安定した収入があるかどうかということです。

ですので、未成年であっても就職しているなら、
安定した収入があれば、キャッシングできるのではないか?と思いました。

要するに、キャッシング業者からすると、
きちんと返済してくれる人ならお金を貸す上で問題はないはず(笑)

少なくとも、成人していても無職の人より…
「貸してもいいかな?」と思うはずだということです。

そこで実際に管理人が、
キャッシング業者数社に電話で問い合わせてみました!

就職している未成年がキャッシングできるか電話調査しました!

結論から言いますと、未成年の場合、
就職していてもキャッシングはできないとの回答ばかりでした、、

…そうなりますと、管理人が把握しているキャッシング業者、
さらには銀行も含め、、キャッシングできるところはありません()、、

当サイトで紹介している大手キャッシング業者以外、
フタバ、アローといった、中小消費者金融でも借り入れは不可能でした、、

それと、回答の引き合いに出されたのが、
借り入れ条件で「20歳以上」と書かれているからとのことで、
それ以上、詳細な理由は教えてくれませんでした。

今回の調査で、安定した収入があるかどうかよりも、
20歳以上であることが重要視されているな、と実感しました(苦笑)

調べてみると、これは貸金業法だけでなく、
民法も関係しているからなんですね、、

民法においては、未成年が行ったキャッシング契約は…
取り消しすることができるんです(汗)

…取り消されるような契約をわざわざしませんよね、、(苦笑)

しかし、この民法の「例外規定」を利用することで、
未成年であっても、キャッシングする方法があるんです!

既婚者かつ配偶者が未成年でなければ、キャッシングは可能です!

未成年であっても、既婚者であれば、
キャッシングできる可能性があるんです!

これは民法753条にある、

”未成年者が婚姻をしたときは、これによって成年に達したものとみなす”

という条項が大きく関係してきます。

要するに、未成年でも結婚していれば成人とみなすため、
キャッシングできる!という考え方ですね。

当たり前ですが…配偶者が成人ならキャッシングできます

配偶者が成人で、安定した収入がある場合は、
もちろん、キャッシングできますよね(笑)

例えば、妻が20歳以上でパートをしている場合なども、
安定した収入があると見込まれます()。

妻(主婦)のキャッシングについては、
主婦・パート・アルバイトの人もキャッシングは可能?」をご覧ください

この場合なら、借り入れできる金額は多くありませんが、
未成年(夫)が申し込むよりも、キャッシングできる可能性は高いと思います!

18歳以上でもキャッシングできる学生ローンを利用する!

「学生ローン」はその名の通り、
学生を対象としたキャッシングローンです。

しかし、学生ローンであっても、
その多くが「20歳以上」でなければ、キャッシングはできません、、

でも、1社だけ!

18歳以上であれば、
キャッシングできる学生ローンがあるんです!

それは「アイシーローン」という学生ローンです!

アイシーローン

古めかしいホームページですね(笑)

管理人が確認した中では、この「アイシーローン」だけが、
18歳以上でも貸付してくれますね♪

アイシーローン」の詳細を見る

あと「学生ローン」を利用する時には、
「安定した収入」が必要ですが、「アルバイト」をしていればオッケーです♪

ちなみに「高校生」「予備校生」の場合、学生ローンは利用できません、、

親・兄弟に相談してみる!

本題からズレますが、、「親・兄弟」にも、
お金を貸してもらえないか相談してみたほうがよいです!

親・兄弟がお金を工面してくれることに、
味をしめてはダメです(苦笑)が、一度相談してみたほうが絶対に良いと思います。

なぜなら、親・兄弟に相談すると、
意外と・・・お金を工面してくれる時があります。

中には、我が子にキャッシングさせることを快く思わない親もいるからです。

でも、親に甘えるのが嫌、迷惑かけたくない、
といった人もいるかもしれません。

しかし、もしキャッシングの返済ができなった場合、
急に用立て(お金)が必要になった()時のほうが、よっぽど…
親・兄弟に迷惑をかけます、、(汗)

実際のところ、子供の借金は親・兄弟が支払う必要はありません。
親・兄弟が支払わない場合は、当然…ご自身が返済する必要があります(汗)

もしくは、親・兄弟名義でキャッシングしてもらえるかもしれません。

でも…家庭の事情から、親・兄弟には頼れない、話せない場合もあるでしょうし、
相談してもお金を貸してもらえない場合もあるでしょう、、

その時に初めて…
キャッシングを考えてみるほうが良い、、と管理人は思います。

管理人的には…未成年のキャッシングはおすすめしません、、

色々と書いておきながらなんですが、できることなら…
未成年のうちからキャッシングすることは、あまりおすすめできません、、

それも、キャッシングすることに抵抗感がない人であれば、
なおさら、おすすめしません(苦笑)

なぜなら、キャッシングしたお金が、
「借金」であるということを認識できない場合があるからです、、

キャッシングしたお金はあくまで【借金】です、、(苦笑)

キャッシングするとある程度、まとまったお金が手に入ります。

不思議なもので、金銭的な余裕が生まれると…
あたかも自分のお金であるような錯覚に陥ることがあるんです、、

ちなみに管理人がそうでした(苦笑)

懐が満たされることで気が大きくなり、
友人にご飯をおごったり、特に必要でない買い物をしたりと、
キャッシングした理由以外のことで、お金を使ってしまうこともありました、、

それと「借金」をしているといった、ネガティブな認識もなかったため、
「お金がなくなったらキャッシングする」といった感じで、
キャッシング癖もついていきました、、

また返済についても、「何とかなる」と楽観視していました。
そのため、キャッシングは度々利用していました。

でも…キャッシングしたお金は「借金」なので、
返済していかなければなりません、、

結果、一時期は借金が膨れ上がり、月々の返済も苦しくなって…
自己破産を考えた時期もあります、、(汗)

ちなみにこの状態が続く、さらにキャッシングしていくと…
気がつけば「多重債務()」に陥ってしまう可能性もあるんです、、

例えば、現在利用しているキャッシングの返済のために、新たにキャッシングしたお金を返済にあてていくといった、借金を借金で返しているような状態のことを指します、、

ですので、キャッシングすることを安易に考えず、
キャッシングによるリスクは理解しておく大切だと思います!

本当は…そのキャッシングが必要なのか?
親・兄弟、友人、周りの人に相談できれば、一番良いんですけどね(汗)