即日キャッシング大作戦! > 即日キャッシング豆知識 > 保証人について

保証人について

保証人について

キャッシングでよく目にする「保証人」ですが、
最近は保証人なしで借り入れが可能なところが増えています。

保証人なしとはどういうことなのか?
そもそも保証人とは何なのか?

保証人に関するあれこれを説明しますね!

そもそも「保証人」って何?

キャッシングにおける保証人とは何か?ですが、
簡単に言えば・・・

「お金を返せなくなった時に代わりに返済する人」

のことです。
連帯保証人」なんかが有名ですよね。

お金を貸す側としても返済が滞ったり、
お金を返済してもらえなくなったりするリスクがありますよね?

そんなリスクを回避するために「保証人」を用意するわけです。

でも、キャッシングの商品内容を見てみると、
「保証人不要」という表記を見かけますよね。

これってどういうことかご存知です?

それではキャッシングする時の、
「保証人不要」について、説明していこうと思います!

「保証人不要」って本当に保証人はいらないの?

キャッシングの商品案内を見ていると、
「保証人は必要ありません」といった表記を目にしますよね?

本来、保証人とは借りていた人が返済できなくなった時、
借りていた人に代わり、借金を返済する人のことです。

保証人が不要ということは、もし借金を返済できなくなった時、
貸し手は誰に借金を返済してもらうの?と思いますよね。

保証人が不要なんて本当は嘘で、
本当は取り立てとかあるんじゃないの?と思われるかもしれません(苦笑)

でも「保証人不要」という記載があるキャッシング場合、
本当に保証人は不要、必要ないです

では借金の返済はどうなるの?というわけですが、
実は保証人がいらない代わりに利息が高めに設定されているわけですね。

これは保証人が必要な、
他のキャッシングと比較してみるとわかります。

貸し手も貸し倒れした時のことを考慮して、
実質年率を高めに設定し高い利息を手に入れることで、
貸し倒れのリスクヘッジをしているんです。

でも、、

親・兄弟、配偶者(夫妻)といった、
家族の借金であれば、返済の催促がくるのでは?
と心配されている方もいらっしゃるかもしれません。

では家族が作った借金はどうなるのか?
説明していこうと思います。

家族の借金は肩代わりしなくてもOK!

親や兄弟、夫や妻が借金していた場合、
何らかの理由で借りていた本人が借金を返済できなくなった時、
代わりに家族の誰かが返済していかなければならないのか?

結論からいいますと、
原則、家族の借金の肩代わりは必要ありません!

ただ注意点して欲しい場合があります。
それは配偶者が作った借金です。

この場合、借り入れ先から「日常家事債務」を問われ、
借金を返済するよう、迫られる場合があります。

「日常家事債務」とは何か?といいますと、
借金をした理由が生活費や医療費、教育費などで利用した場合、
返済する義務があると民法第761条にあるんです。

ただこの「日常家事債務」にはならない場合があります。

  • 仕事などで負った借金であれば関係がない
  • 借金に関しては日常家事債務に当てはまりにくい

特に「借金に関しては日常家事債務に当てはまりにくいこと」
という部分がポイントで、配偶者の借金については連帯責任がない、
すなわち、配偶者の借金を返済しなくてもよい(※)というわけです。

※詳しくは「家族の借金、返済義務ってあるの?」で説明しています。

これは実際に判例にもあることなので、
もし借り入れ先から「日常家事債務」を問われたとしても、
返済してしまうのではなく、弁護士などに相談してみましょう。

ちなみにこれは借金の保証人になっていない場合、
例えば、連帯保証人になっていない時です。

多くのキャッシングの場合、「保証人なし」になっていますので、
まず保証人なっていることはないと思います。

しかし連帯保証人になっている場合だと
言い逃れはもちろん、借金の返済義務を負ってしまうことになります、、

保証人でも強制的に返済義務のある【連帯保証人(汗)

連帯保証人は聞いたことがありますよね!

連帯保証人になっている場合、連帯保証人をやめない限り・・・
否応でも借金を返済する義務が生じてしまいます、、

連帯保証人の辛いところは、
借りている本人へ請求してくれ!という 「催告の抗弁権」もなければ、
借りている本人の財産を手放してでも返済させる、
「検索の抗弁権」もないので・・・

借金から逃れることはできません、、

また連帯保証人は「もうやめる!」といって、
やめられるものではありません。

貸し手の同意がなければ、
連帯保証人はやめることができないものなんですよね(泣)

ただし連帯保証人になった理由が、

  • 脅された
  • 騙された
  • 契約内容が違う
  • 自分の知らない間にハンコを押され契約されていた

など、自分の意思で連帯保証人になったわけではないのであれば、
法的に連帯保証人はやめることはできます
弁護士に相談してみるとよいでしょう。

とにかく!!

「家族・親類であっても連帯保証人にだけはなるな」

・・・ということです。
これは管理人の家の家訓ですけどね(笑)