即日キャッシング大作戦! > 即日キャッシング基礎知識 > 総量規制が除外・例外される時がある!

総量規制が除外、例外される時がある!

総量規制が除外・例外される時がある!

前項「借入出来ない!?総量規制について」でお伝えした総量規制ですが、
借入する理由によっては、総量規制の対象から「除外」「例外」となるケースもあります。

これから紹介する事例に該当する場合なら、
総量規制の対象にならない、もしくは借入することができる、というわけです。

知っておいて損はありませんので、
目を通しておいていただくと良いと思います!


総量規制が【除外】される貸付け

総量規制が除外される貸付けは以下の場合です(以下引用)。

  • 不動産購入または不動産に改良のための貸付け(そのためのつなぎ融資を含む)
  • 自動車購入時の自動車担保貸付け
  • 高額療養費の貸付け
  • 有価証券担保貸付け
  • 不動産担保貸付け
  • 売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付け
  • 手形(融通手形を除く)の割引
  • 金融商品取引業者が行う500万円超の貸付け
  • 貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介
    (施行規則第10条の21第1項各号)

上記ケースの場合は総量規制の対象とはならないため、
総量規制の縛りを受けることはありません。

総量規制が【例外】となる貸付け

総量規制の例外となる貸付は以下の場合です(以下引用)。

  • 顧客に一方的有利となる借換え
  • 緊急の医療費の貸付け
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け
  • 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け
  • 個人事業者に対する貸付け
  • 預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け
    (施行規則第10条の23第1項各号)

ただし上記の「除外」に該当する項目に関しては、
総量規制の対象外にならないものの、年収の3分の1を超えている場合でも、
返済能力があると判断されれば借入することができます

特にこの「例外」にある項目は、
「生死に関係する」ような場合に適用されますので、
「もしも」の時には借入できるかもしれないというわけですね!

※コンテンツ内引用元・・・「日本貸金業協会」→総量規制とは