即日キャッシング大作戦! > 即日キャッシング基礎知識 > キャッシングできない!?総量規制について

キャッシングできない!?総量規制について

キャッシングできない!?総量規制について

キャッシングしようと思ったのにキャッシングができない!?

審査が取らない…キャッシングできない理由の一つとして、
総量規制の対象となってしまっているケースが考えられます、、


総量規制とは?

総量規制とは、消費者を多重債務から守るため、
2010年6月に貸金業法の改正により施工された法律です。

この総量規制の導入より、例えば金融業者からの新規借入が、
年収の3分の1までの借入しかできないといった制限が設けられました。

これにより、新たな借入ができない人が増え、
闇金()で借入、中には自己破産せざるを得ない人もでてきたといわれています、、
闇金などに関する情報は「こんなキャッシング業者に注意!」をご覧ください。

とにかく!新たな借り入れをするのであれば、
ご自身がこの総量規制の対象になっていないか?
これはキャッシング成功のポイントとなります。

総量規制の対象となる借入は、下記借入が対象となります。

  • 消費者金融業者、信販会社、銀行系キャッシングからの借り入れ
  • クレジットカード会社からのキャッシング

ん?上記以外の借入の場合はどうなるの?そう思いません?

そうなんです!この総量規制、
全ての借り入れが対象となっているわけではありません

総量規制の対象になっていると思われていた方でも、
実は借り入れできる可能性は残っているかもしれないんです!

全てのキャッシングが総量規制の対象になるわけではありません!

勘違いしてしまいがちですが、

  • 銀行キャッシング(フリーローンやカードローンなど)
  • 住宅ローンや自動車ローン(銀行のローン)
  • 実質年率(利息)の低いローンへの借り換え(おまとめローン等)
  • ショッピングローン

以上で借り入れする場合なら、総量規制の対象にはなりません!

ですから、上記借入先から借り入れがある場合なら、
年収の3分の1を超えていても新規で借り入れできる可能性はあります。

例えばもし銀行カードローンなどで、既に収入の3分の1以上、
借り入れをしていたとしても、総量規制の対象にはならないわけですね。

すなわち、銀行からの借り入れが年収の3分の1以上ある場合でも、
消費者金融系キャッシングなどからの借り入れが可能ということになります。

また逆に新規で銀行カードローンなどで借り入れを希望する場合も、
総量規制の対象外であるともに、実質年率(金利)自体も低いため、
返済時の利息を減らせるというメリットもあります!

デメリットとしては、銀行からの融資を受ける場合、
審査通過が難しい=借り入れができない可能性が高いことです。

借入時の審査が難しいというデメリットを除けば、
銀行カードローンなど、銀行からのキャッシングをおすすめしたいところです。

銀行カードローンを扱う銀行に関しては、
即日融資可能銀行一覧」「その他即日融資可能銀行」で一覧掲載しています♪

また借金の返済のためにキャッシングしようとしているなら、
複数のローンを1本化する、おまとめローンといった商品があります!

借金返済を考えている方ならおすすめです!