即日キャッシング大作戦! > 即日キャッシング基礎知識 > 金利の決まり方って?

金利の決まり方って?

金利の決まり方って?

もしキャッシングをする時であれば、
少しでも低い金利(実質年率)で借り入れしたいものですよね!

ただこの金利はご自身で決めることはできません、、
キャッシング業者や銀行の借入審査によって決まるものなんです。


借り入れ限度額から決まる!

キャッシングに申し込むと、
キャッシング業者(もしくは銀行)の借入審査を受けます。
この借入審査によって、まずはキャッシングができるかどうかが決まります。

そして審査通過時にもう一つわかることが、
ご自身がキャッシングで借り入れすることができる金額、借り入れ限度額です。

実はこの借り入れ限度額によって実質年率(金利)が決まります
例えば「楽天銀行スーパーローン」でみてみましょう。

楽天銀行スーパーローンの場合

借入額 実質年率
800万円 年1.9~4.5%
600万円~800万円未満 年3.0~7.8%
500万円~600万円未満 年4.5~7.8%
350~500万円未満 年4.9~8.9%
300~350万円未満 年4.9~12.5%
200~300万円未満 年6.9~14.5%
100~200万円未満 年9.6~14.5%
100万円未満 年14.5%

上記表でみると「楽天銀行スーパーローン」の場合、
借入審査で借入限度額が50万円と決れば、実質年率(金利)は「14.5%」です。

ただ250万円の借入限度額の場合の実質年率でみてみると、
「6.9%~14.5%」とその実質年率の幅は広いですよね。

しかしこの実質年率のうち、どの実質年率で借入できるかは、
借入審査を通過するまで、キャッシング業者・銀行に聞いても教えてくれません。

「6.9%~14.5%」の実質年率の金利で借り入れすることができるのか?
それは借入するご自身の信用度から判断、決定されるんです。

信用度の高さで決まる!

だれもが低い実質年率で借り入れしたいと思いますが、
好条件で借り入れしたいのであれば、融資元(キャッシング業者や銀行)からの、
信用度が高くなければ良い条件で借り入れすることはできません

信用度の高い人とは、「この人にお金を貸しても大丈夫だな」といった、
融資してもお金を回収できる、返済できると融資元が判断できる人が該当します。

逆に「貸し倒れされるな、、」と思われる人は・・・信用度は低くなります。

そしてこの信用度を判断するために、
キャッシング業者や銀行は「スコアリング」と呼ばれる方法を採用しています。

スコアリングって?

本来スコアリングといえば・・・信用度を点数化したものを指します。

何を点数化するかといいますと、
申し込みした人物の年齢や性別、職業、年収、居住形態などの状況です。

例えば職業でいうと、公務員は10点、サービス業の方は5点などいったように、
職業ごとに点数化します(この点数はあくまでも例えです)。

そしてさまざまな条件を手数化し、その点数の合計が高いほど、
申し込みしてきた人物の信用度は高くなります。

ただしキャッシングのスコアリングは、点数化して判断する方法とは異なります。
(点数化による判断はクレジットカードの審査では使われています)

キャッシングの場合は「属性モデル」といったものに照らし合わせ、
申し込みをした人物の信用度を調べ、融資しても大丈夫な人物かどうかを判断します。

属性モデルって?

属性モデルとは、今まで貸付してきた人のデータを基に導き出された、
さまざまなパターンデータで、借入を希望している人物に融資をした場合でも、
貸し倒れのリスクなどがないかを判断する、基準として参照するものです。

例えば、融資したお金をきちんと返済をしてくれるタイプの人物像、
逆に自己破産などで貸し倒れになってしまったケースの人物像など、
過去の融資状況の統計データから属性モデルが作られています。

そしてこの属性モデルのデータは、
キャッシングを申し込んだ人のデータと照らし合わされます。

照らし合わす属性モデルデータですが、
申し込みした人物の人物像に一番近い属性モデルを照らし合わせることで、
貸付した場合のリスクを想定し、融資の可否や金利を決定します。

またスコアリングは、スコアリングシステムといったものを利用しています。


スコアリングシステムって?

借り入れ希望者の個人情報を、信用情報センターが持つ、
属性モデルデータと自動照会するシステムです。

スコアリングのイメージ

申し込みをした人物の個人情報は下記項目が参照されます。

  • 年齢
  • 性別
  • 職業
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 年収
  • 居住形態
  • 妻子の有無
  • キャッシングの利用歴(取引実績)
  • 借り入れをした時に返済期日までに返済(もしくは完済)しているか

などなどです。

これら項目(属性)を属性モデルに当てはめていくことで、
その人物に貸付した場合のリスクを自動で判断、審査してくれます。

このシステムのおかげで短時間の審査が可能となっています。

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、
属性モデルに当てはめ、貸付審査をしているということは・・・
審査結果がご自身本来の信用度とは異なる可能性があるんです。

属性モデルのデータを参考に審査した結果は、
あくまでも過去の他人のデータを参考に判断されているわけですから。

ですので、審査に落とされたり、借入限度額が希望額に満たさなかったりしても、
必要以上に落ち込む必要はないんです。気にしないようにしましょう。

ただそうは言うものの・・・
キャッシングの借入審査には「属性モデル」を参照に審査をしますので、
無視はできませんし、落とされた時点でのご自身の信用度は変えられません。

しかし属性モデルの審査基準は、各キャッシング業者・銀行によって異なります。
他のキャッシング業者や銀行に申し込みをすれば審査に通る時もあります。

例えば、A社で審査が通らなかった場合でも、
B社のキャッシング業者で審査が通る可能性があるということです。

申し込みブラックにならない程度に、
他のキャッシング業者へ申し込みをしてみるのは「あり」でしょう。

また信用度を上げることも可能です!

信用度を上げるコツ()としては、
キャッシングの利用実績があることや返済をきちんとしていくことです。

とにかくキャッシング業者や銀行から、
良い顧客であると認識してもらうことが信用度アップの秘訣といえるでしょう!

信用度を上げていくためのコツは、
キャッシングの利用状況で利用限度額が増える時がある!」の項でも紹介しています♪
併せてご覧になってみてください!