即日キャッシング大作戦! > 即日キャッシング基礎知識 > 銀行系or銀行キャッシングって何?

銀行系or銀行キャッシングって何?

銀行系or銀行キャッシングって何?

当サイトでは一般的に「銀行系」キャッシングと呼ばれているものの中でも、
「銀行系キャッシング」「銀行キャッシング(カードローン)」と分けて紹介しています。

理由としては、「銀行系キャッシング」と「銀行キャッシング」では、
借り入れする際の条件が色々と異なってくるからです。

「銀行系キャッシング」と「銀行キャッシング」とは何が違うか?
ここではその違いを説明していきます!


「銀行系キャッシング」と「銀行キャッシング」の違いについて

「銀行系キャッシング」と「銀行キャッシング(カードローン)」の違いは、

  • 銀行系キャッシング=銀行が経営資金の出資元している消費者金融業者が融資してくれる
  • 銀行キャッシング=銀行自体が融資してくれる

といった違いがあり、
この違いが借入する時の借入のしやすさ、実質年率が異なります。

また即日融資が可能な銀行キャッシングは、

  • カードローン
  • フリーローン

などといったキャッシング(※1)が該当します。
※1 カードローンとフリーローンの違いは、
   「カードローンとフリーローンの違いって?」で説明しています。

ですから、総量規制の対象外+低い実質年率でキャッシング可能です!

それから銀行系キャッシングと銀行キャッシングの大きな違いとして、
総量規制(※2)の対象になるかならないか、という点が挙げられます。
※2 総量規制に関しては、
  「借入出来ない!?総量規制について」をご覧ください。

いってしまえば・・・銀行系キャッシングは、
いわゆる消費者金融系業者なので、総量規制の対象となります

これに対して銀行からの借入である、
銀行キャッシングは総量規制の対象にはなりません

実はこの総量規制の対象になる人が近年多く、
新たな借り入れが困難な人がいるため、総量規制の対象とならないということは、
借り入れする側からすれば大きなメリットであるといえるでしょう。

銀行キャッシングのメリット

この銀行キャッシングはいくつかのメリットがあります。
銀行キャッシングのメリットは、総量規制に対象にならない他、
借り入れ時の実質年率が低いという点も大きなメリットですね♪

実質年率が低い=利息の負担額が減ります。
総返済額で大きな違いがでてきますので、無視できません。

そのため銀行キャッシングは、利息・返済額を軽減させたいといった、
複数のローンをまとめて支払う、おまとめローン()にも利用されています。 おまとめローンに関しては、
 「おまとめローンについて」で詳しく説明しています。

以上の点からも、借り入れを考える場合であれば、
銀行キャッシングを利用するほうがおすすめですがデメリットもあります。

銀行キャッシングのデメリット

メリットを見る限りであれば、銀行キャッシングから借り入れしたほうがよい!
そう思われるでしょうが、残念ながら・・・デメリットもあります。

いくつか挙げてみますと、

  • 一般的なキャッシングローン業者に比べると審査が厳しい
  • 即日の借り入れが出来ない場合がある
  • 詳細な個人情報の入力など申し込み手続きが面倒(銀行による)
  • 年収の制限がある場合がある
  • 返済が滞った場合は法的処置で借金の回収される

といった点でしょうか。
借り入れするためのハードルが高めなのがデメリットなんですね、、

例えば年収の制限でいえば、
年収が300万円以上なければ申し込み不可などといった、
所定の条件クリアしていなければ申し込みができないこともあります。

銀行系キャッシングのメリットとデメリット

銀行系キャッシングのメリット・デメリットについても触れておきますね。

例えば、銀行系キャッシングのプロミスアコムなどで見てみると、
メリットとして、消費者金融系業者に比べると実質年率が低く、
各種サービスが充実(24時間振込サービスやインターネットサービスなど)しています。

デメリットとしては、総量規制の対象となること、
消費者金融系業者に比べると審査のハードルは高めということでしょうか。

ただ銀行系キャッシングは、銀行キャッシングに近い好条件で借り入れできる、
即日キャッシング可能なキャッシングですので、銀行キャッシングの審査に不安がある場合は、
銀行系キャッシングはおすすめしたいと思います!