即日キャッシング大作戦! > 借入状況を確認する方法! > CICについて

CICについて

CICについて

知名度のある信用情報機関といえば、
「CIC=割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関」ではないでしょうか。

消費者金融・信販会社(クレジットカード)などの信用情報であれば、
ほぼ「CIC」に登録されているといわれています。

ですので、まずは「CIC」で信用情報を開示してみましょう!

「信用情報の開示」はどうやってするの?

「信用情報の開示」の手続きは、

  • インターネット(携帯)での開示
  • 郵送での開示
  • 窓口での開示

といった方法があります。
ただ、スマートフォンからの問い合わせはできません(汗)

あとインターネットから申し込み時も、
場合によってはできない時があります()。

詳しくは後ほど、 パソコンからの「信用情報の開示」手続き方法で紹介します

この辺りは「JICC」と比べると、、
ちょっとサービスが悪いかな、、いうのが正直な感想です(苦笑)

それとインターネットで開示要求する場合も、
一度、「CIC」に電話をしなければならないのも一手間です、、

でも、パソコンから申し込みをした場合なら、
当日中(※)に「PDF」でダウンロードできますから、
すぐに信用情報が欲しい人には大きなメリットですね!

※サービス時間内(8:00~21:00)に申し込みが必要

また、窓口でも即日受け取り可能です。

「CIC」の場合、窓口が全国に設置されていますので、
もし近ければ、窓口で発行してもらうのもよいでしょうね♪

ちなみに管理人の場合は、
パソコンから申し込み手続きをしてみました♪

CICに信用情報の開示請求をしてみました!

インターネットの利用環境を確認(※)、PDFの閲覧が可能かを確認する

※OS:Windows XP、Windows VISTA、Windows 7、Windows 8
ブラウザ:Internet Explorer7、8、9、10

Internet Explorer11では動作しません(汗)
もしネット環境が異なる場合は、「郵送」「窓口」での申し込みになります、、

上記の環境であればOKです!

0570-021-717」に電話して、受付番号を取得する

まずは受付番号を取得するために、「CIC」に電話をします。

注) 「受付番号」を取得後、1時間以内にパソコンから申し込み手続きが必要です!

ここで注意することが、
「CIC」に電話する時の端末(電話番号)です(汗)

実は電話をする端末が、クレジットカードを申し込んだ時に登録した、
端末から連絡する必要がある()んです。

例えば、クレジットカードを申し込んだ時に登録した電話番号が、
自宅の電話番号であれば、自宅から電話する必要があります。

また、携帯番号で登録していて、番号が変わっている場合なら…
まず、クレジットカード会社に番号の変更手続きが必要となります。

この場合だと、変更手続きに1~2か月ほどかかるため、
ネットから即日中の信用情報開示はできません、、

電話をかける時には注意しましょう(汗)

入力画面に移動する

http://www.cic.co.jp/mydata/pc/procedure.html
↑↑↑
上記URLへアクセスし、ページ最後にある、
「ご利用前の最終確認」のボタンをクリックします。

ご利用前の最終確認画面

移動先の画面で各項目を確認、チェックボックスにチェックを入れ、
「インターネット開示を行う」のボタンがクリックします。

「インターネット開示を行う」の画面

飛び先画面下にある「承諾する」を選択、
「インターネット開示を行う」をクリックします。

「インターネット開示を行う」の画面

入力画面にご自身の個人情報、クレジットカード番号、受付番号を入力する

「開示種別→初回開示を選択」し、
電話で取得した「受付番号」を入れ、あとは個人情報を入力していきます。

個人情報入力画面

開示費用の1,000円をクレジットカードで支払いますので、
クレジットカード情報を入力し、「次へ」のボタンを押します。

クレジット入力画面

…と、ここでトラブルが、、
管理人の持っているクレジットカードが利用できませんでした、、(泣)

JCBなら使えると思っていましたが、
よく確認してみると提携カードではダメなんですね、、

仕方がないので郵送で取り寄せることにしました(汗)

郵送で信用情報を開示してみる!

「CIC」のホームページから「郵送」を選択します。

CIC申し込み画面

プリンターがあれば、「CIC」のサイトから申し込み書類が作れます。

CIC申し込み画面

早速、プリントアウトしてみました。

管理人のCIC開示請求申込書

あとは「本人確認書類」と「定額小為替証書」が必要とのことです。

ただ、「定額小為替証書」を用意するのが面倒だったので、
直接、窓口に行ってきました!

直接、窓口へ開示請求しに行ってきました!

管理人は大阪在住なので、
「近畿開示相談室」に行ってきました!

「近畿開示相談室」は大阪梅田、ビル街の真ん中にありました。

最寄り駅からここまで、歩いて15分ほどかかりましたし、
この日はムシムシと暑かったので…汗ばみながら向かいました(苦笑)

見つけました!↓このビルですね♪

CICのあるビル写真

見ての通り、、

「近畿開示相談室」の入っているビル

かなり立派なビルです(汗)

そして、オフィスビルだったので…
私服の管理人は明らかに浮いていました(汗)

ビルの中に入ったまでは良かったのですが、
どうもビル内部で二棟に分かれているみたいで、
なかなか…「CIC」の入っているビルがわかりませんでした(苦笑)

ウロウロしている間、警備員のおっちゃんに、
「お前、不審者か?」といった目で見られつつも(汗)
やっと…

「近畿開示相談室」に行けるエレベーターを発見しました!

近畿開示相談室

間違いなく、このエレベーターでいけそうです(笑)

エレベーターに乗り、5階で降りました。
出て右手を見ると…ありました!

遠目からでもわかるほど、
「CIC」のロゴが目に飛び込んできました。

近畿開示相談室の入り口の写真

予想と違い、洒落た雰囲気を醸し出しています(笑)

中が見えないので、恐る恐る入ってみると…
誰もいません(汗)

近畿開示相談室写真

開示請求をしている人はもちろん、スタッフの人もいません、、
バックヤードから声が聞こえてきそうなものですが…「無音」です、、

ちょっと…不気味ですね、、

とりあえず入り口正面に目を向けると、
開示請求の手順が書かれたパネルがありました。

開示請求の方法が書かれたパネル

タッチパネル式の自動受付機で受付するみたいですね。

部屋を見回すと、左手奥に自動受付機らしきものがありそうでした。

何ともいえないお姉さんのイラストです(笑)

奥にあったので、少し手ブレしてます(汗)

しかし…「タッチパネル こちらです」って、、
イラストといい、どこかシュールさを感じるのは管理人だけでしょうか(笑)

奥に進むと…ありました、タッチパネル端末です。

自動受付機

とりあえず、誰もいないことをいいことに、写真を撮っていると…
スタッフが出てきて「写真は撮らないでください!」と一喝されました(汗)

スタッフの声にビビッて、手ブレしてしまいました、、

写真…思いっきりブレました(苦笑)

しかしここに至るまで10分程…
訪問者を放置しっぱなしなのは、、どうなんでしょうね、、(苦笑)

室内を見渡してみると、監視カメラがあったので、
たぶん不審者だと思って出てきたのかもしれませんが(笑)

あと、携帯電話の使用も禁止みたいでした(スミマセン、、)

さて…気を取り直して、、

まずは自動受付機(タッチパネル端末)に、
「名前」「生年月日」「電話番号()」を入力していきます。

※「クレジットカード」「キャッシング」を申し込みした時に登録した、
電話番号(携帯や自宅の番号)を入力します!

入力が完了しますと、端末の下側から、
受付用紙が出てきますので、忘れずに取りましょう!

あとは券売機で利用券を購入し、
窓口で必要書類と一緒に提出します。
そしてスタッフに渡すと一言、

「他に情報を照会したい電話番号はありますか?」とのこと。

管理人の場合、ほとんどの契約が携帯電話番号で登録していましたが、
「自宅の番号でも契約していたかも!」と思ったので、

「念のため、自宅の電話番号も追加していただけますか?」
と、スタッフに言いました。すると…

「こちらの窓口では電話番号を追加できないので、
再度、タッチパネル端末にて入力、受付してきていただけますか?」とのこと…

「…」

もう面倒くさかったんで、電話番号は追加せず、
そのまま信用情報の開示手続きをお願いしました(苦笑)

「少し椅子におかけになってお待ちください」
といわれ、座って待っていました。

待ち時間は…わずか5分程度でした!

誰もいなかったので、早かったのかもしれませんが、
それでも思っていたより…簡単に開示してもらえるものなんですね、、

とりあえず、終始思ったこととして…
事務的な対応が印象的だったな、、と(汗)

とにかく…色々とツッコミどころのあった「近畿開示相談室」でした(笑)

一応、手順をまとめますと、

  1. タッチパネル式の自動受付機で個人情報(名前・生年月日・電話番号)を入力する
  2. 自動券売機で手数料500円を払い、利用券を発券する
  3. 受付にて必要書類(身分証明書)と利用券を提出する
  4. 開示報告書が作成されるまで待つ(携帯・スマホは使用禁止です)

これだけです(笑)

そして、開示してもらった報告書はこんな感じでした。

CICで開示してもらった資料

左が「信用情報開示報告書」、
右が「開示報告書の見方が記載されたリーフレット」です。

では開示された報告書の中身を見ていこうと思います!

信用情報開示報告書を解説します!

まず見て驚いたのが…

利用していたキャッシング業者の情報、
また現在だけでなく、過去に契約していたクレジットカード、
さらには利用歴、それにローン(割賦販売)情報など、事細かに載っていました。

中には管理人自身も契約していたのを忘れていた、
クレジットカード情報までしっかり載っていました(苦笑)

例えば、携帯電話を買った時(分割払い)している情報も、、

CIC信用情報開示報告書

載っていますね(笑)

CIC信用情報報告書

ちなみに支払いが延滞していた場合などは、
上の写真の赤枠部分、「返済状況」のところに、

  • 「異動」
  • 「異動発生日」

と記載されるそうです、、他には、

  • いつ契約したのか?(契約年月日)
  • 残っている支払い額(残債額)はいくらなのか?
  • 月々の返済額はいくらなのか?(入金額)
  • 終了状況(貸倒や債務整理した場合はここに情報が載ります)

など情報が載っていますね。
それと「入金状況」欄を見ていると、

入金状況

「$(ドルマーク)」がズラッと並んでいました。
これは入金状況を表す記号だそうで、

  • 「$」⇒正常に入金されたこと
  • 「A」⇒入金約束日に入金されなかったこと

を表しているそうです。

正直いいまして、
ここまで詳細な情報が載っているとは思いませんでした(汗)

当然、キャッシング業者が貸付する際には、
この「信用情報」を見るわけなので…嘘をついてもバレますよね、、(苦笑)

ただ今回、情報を開示したことで、
借り入れ状況を確認できましたし、不要なクレジットカードも…
処分しようと思いました(笑)

信用情報を開示しても一切デメリットはないので、
ご自身の状況を確認する上でも、信用情報の開示はおすすめです!

「信用情報の開示」に必要なもの一覧表

手続き方法 インターネット
(パソコン、携帯のみ)
郵送 窓口
手数料 1,000円 1,000円 500円
支払い方法 クレジットカードのみ 定額小為替証書のみ 現金のみ
受け取り方法 PDFでダウンロード 郵送 窓口で受け取り(
期間 当日 10日前後 当日



1点提出
で可能

※原本以外
コピーで可
不要 不可 ・運転免許証
・運転経歴証明書
・パスポート
・各種障害者手帳
・在留カード
・特別永住者証明書
・住民基本台帳カード
(写真付)
2点提出が
必要なもの

※原本以外
コピーで可
【以下より1点】
・運転免許証
・運転経歴証明書
・パスポート
・各種障がい者手帳
・在留カード
・特別永住者証明書
・住民基本台帳カード
 (写真付)
・各種健康保険証
・各種年金手帳
・戸籍謄本または
 戸籍抄本
 (↑作成日より
 3ヶ・月以内の原本)
【以下より1点】
・住民票(原本)
⇒本籍の記載が
  ないもの

・印鑑登録証明書
 (原本)

※作成日より
 3か月以内のもの
【以下より2点】
・各種保険証(原本)
・各種年金手帳(原本)
・戸籍謄本
   or
 戸籍抄本
   or
 印鑑登録証明書(原本)

※作成日より
 3か月以内のもの
受付時間 毎日8:00~21:00 特になし 月~金
(祝日・年末年始除く)
10:00~12:00
13:00~16:00

首都圏開示相談室
〒160-8375
東京都新宿区西新宿1-23-7新宿ファーストウエスト15階

北海道開示相談室
〒060-0003
札幌市中央区北3条西3-1-6札幌小暮ビル8階

東北開示相談室
〒980-0021
仙台市青葉区中央4-2-16仙台中央第一生命ビルディング7階

中部開示相談室
〒460-0002
名古屋市中区丸の内2-20-25丸の内STビル8階

近畿開示相談室←管理人はココにいきました!
〒530-0001
大阪市北区梅田三丁目4番5号毎日インテシオ 5階

中四国開示相談室
〒700-0907
岡山市北区下石井一丁目1番3号日本生命岡山第二ビル 新館4階

九州開示相談室
〒810-0001
福岡市中央区天神1-2-12天神122ビル7階

面倒臭いな、、なんて人にはこんなサービスもあります

思っていたよりも面倒臭いな、、
そう感じている人も少なくないんじゃないでしょうか(汗)

実はそういう人のためにおすすめのサービスがあります。
それは「アヴァンス行政書士法人」の「信用情報開示代行サービス」です!

詳しくは「借り入れ状況を確認してみよう!」で解説していますので、
手間をかけず、信用情報の開示をしたい人は見てみてください♪

 

各信用情報機関への信用情報開示方法については、
以下、リンク先をご覧ください。

JICC【ローン(主に消費者金融)・クレジットカード会社】

JICCについて」の詳細を見る

JBA【銀行・信用金庫他】

JBAについて」の詳細を見る