即日キャッシング大作戦! > その他キャッシング知識 > 生命保険の契約者貸付を利用する!

生命保険の契約者貸付を利用する!

生命保険の契約者貸付を利用して借入する!

生命保険をかけられている方限定のお話になりますが、、

貯蓄型の生命保険をかけている方であれば、
契約者貸付制度を利用して借り入れすることができるかもしれません。


契約者貸付って?

あらかじめいっておきますと、
契約者貸付はキャッシングとは異なります!

契約書貸付とはご自身がかけている生命保険が、
契約者貸付制度が対象であることが条件です。

満期時に返ってくるお金(解約返戻金)の
一定範囲内でお金を借り入れることができるといったものです。

またキャッシングと異なり、
ご自身の生命保険を担保に保険会社から借り入れするため、
借り入れ時の審査などはありません

保険会社に手続きを行えば利用可能です。

ただし、契約して間もない時や満期までの残期間によっては、
契約者貸付ができない場合もありますので、
保険会社に確認したほうがよいでしょう。

ちなみに契約者貸付の制度が利用できる保険商品といえば、
以下のような貯蓄性のある保険商品が該当します

  • 終身保険
  • 養老保険
  • 学資保険

いわゆる積み立て保険などであれば、契約者貸付は利用可能でしょう。

ですから解約時に返戻金が生じない、
掛け捨てタイプ保険商品(医療保険など)の場合は利用できません、、

契約者貸付で即日中の融資が可能かどうかは、
契約者貸付の手続きがスムーズに行われれば可能ですが、
保険会社よって異なりますので確認してみましょう。

それから契約者貸付で貸付してくれるお金の限度額は、
解約返戻金の70~90%までといわれています。

例えばもし、解約時に返ってくるお金が100万円だとすれば、
70~90万円が貸付可能な金額ということになります。
(保険商品によって異なるので確認してみてください!)

それと契約者貸付の手続きに必要なものは、

  • 保険証書
  • 保険契約に使用した印鑑
  • 本人確認書類(免許証など)

です。

必要なものも念のため、保険会社に聞いてみてくださいね!

契約者貸付の返済について

契約者貸付の返済に関しては、キャッシングのように、
毎月お金を返済していかなければならないといったことがありません。

保険の満期までであれば、いつ返済してもOKなんです。

しかしあくまでもご自身の生命保険を担保に借りているわけなので、
借り入れしているお金を返済しなければ、ご自身にツケがまわってきます、、

どういうことかといいますと、契約者貸付で借り入れしているお金は、
保険会社から借り入れしているお金ですのでもちろん、金利もつきます。

金利は保険会社によっても異なりますが、例えば、
生命保険を契約したタイミングで決まっている場合があります。
大体が3.0~6.0%程度の金利が一般的です。

金利だけでみるとかなり低い金利ですが、ここで注意してほしいことがあります。
借り入れしているお金の利息は複利でつくため、利息はどんどん増えていきます!

通常、キャッシングなどであれば、元金に対して利息を計算していくものですが、
複利の場合、元金+利息分に対して利息がかかっていきます。

ですから契約者貸付で借り入れしたお金は返済が遅れれば遅れるほど・・・
どんどん利息は増えていくんですね、、

下記表は契約者貸付で仮に100,000円借り入れ、
借り入れした時の金利が3%と6%で20年間返済しなかった場合の返済額の推移です。

契約者貸付で100,000円を金利3%と6%で借り入れ時の返済額増加推移

借り入れ年数 元金(100,000円)+利息の返済額合計
金利3%の場合 金利6%の場合
1年 102,959円 105,918円
2年 105,918円 111,836円
3年 108,877円 117,753円
4年 111,836円 123,671円
5年 114,795円 129,589円
6年 117,753円 135,507円
7年 120,712円 141,425円
8年 123,671円 147,342円
9年 126,630円 153,260円
10年 129,589円 159,178円
11年 132,548円 165,096円
12年 135,507円 171,014円
13年 138,466円 176,932円
14年 141,425円 182,849円
15年 144,384円 188,767円
16年 147,342円 194,685円
17年 150,301円 200,603円
18年 153,260円 206,521円
19年 156,219円 212,438円
20年 159,178円 218,356円

上記表の通り、もし返済しない場合は解約時の保険金受け取り額から、
借り入れしていたお金+利息分が引かれるため、受け取り額は目減りしてしまいます

上記表程度の金額だったら、
解約時に受け取り額が目減りしても構わない、
そう思える場合であれば返済をしなくても構わないと思いますが、
もしもの時に備えて入った保険だと思います。

保険本来の目的として利用したい時に、
思っていた保険金が入らないことは覚えておきましょう、、

まとめると契約者貸付は、審査もなくお金を借り入れできる方法である、
金策の最終手段として覚えておいても損はないと思いますね!


余談~管理人の生命保険は?~

実は管理人も自身の生命保険に入る時、
保険外交員の方からこの契約者貸付の話を聞きました。

はい、そうです。管理人もこの時知りました、、(汗)

契約時には途中解約は考えていなかったので、
あまり気にしていませんでした。

この管理人の話を聞いて気になった!という方は、
契約者貸付をした場合にはどうなるのか・・・?
今すぐ確認しておきましょう!

ちなみに管理人が入っている積立保険は、
「低解約返戻金型終身保険」といわれるものです。

解約するまでの間、もし解約しても戻ってくるお金が少ない保険()なので、
契約者貸付をしても貸付可能な金額は少ないみたいですね、、

満期時までの解約返戻金は約70%程度の返戻率の保険商品でした。